こんこん録

きつねが覚えたての日本語で書いてます。睦奥宗光の『蹇々録』をもじったものの内容は関係ない。

仕事をしている話

表題の通り引っ越しをした。旧居とほぼ同じ区内で最寄駅も一部重複がある距離である。ただし広さが文字通り2倍になった。以前の家は大人2人が住むには非常に手狭でほぼ犬小屋並みだったが、この家の広さもまた極端で、4人家族でもなんとか住める程度の面積がある。引っ越しハイになったので浮かれてルンバや食洗機を新調した。

しかし、日によってムラがあるものの最近は1日14時間くらい仕事をしていることが増え、土日もなんだかんだ仕事をしたり出かけたりしているので、せっかく引っ越した家もほぼ寝に帰るだけになってしまった。料理もする時間がないので食洗機の出番はほとんどない。

このご時世に仕事の量がなんの自慢にもならないことはわかっているのだが、これに関しては私にもっと能力があれば片付くという性質の問題ではなく、上司が悪いというわけでもなく、圧倒的に人が足らないために止むを得ず発生する事象なのでどうしようもない。私自身もいつまでも育成される立場に甘んじるわけにはいかないので経験値を積むことを重視したい気持ちもあり、任せてもらっている業務は基本的に面白いので、これといって会社に文句を言う気になったことはない。あまり人にわかってもらえない思想かもしれないが、私は働き始めた時期が人より遅かったことや新卒カードをちゃんと切らなかったことを負い目に思っている面があるので、今現在の自分が働き者として見られていることや、それによって着実に成長していることを現時点では望ましく思っており、現場に人員がいないせいで自分の仕事が増えたことも、本音でいうとあまり問題だと思っていない。ただしそれはこの瞬間の自分の感覚の話であって、サステナビリティとしてどうかというのは全く別の問題である。また、当社は個々人の裁量でそれなりに自由に休めたりもするので、働き方に関して理不尽なストレスはそんなにない方だと認識している。私は自分の仕事が効率化できたらその分別の仕事をするだけなので、仕事を減らすことを目的とした効率化にもそれほどの意義を感じていない。

働き方改革がトレンドとなる中、働くのが辛くて仕方ない人には焦点が当たるようになってきており、一方で一部の業界では多忙であることそのものがちょっとした自慢になったりもするが、単に働くのが好きで仕事を通じて健全に成長したいと思っている人にはあまり出会うことがないのを少し残念に思っている。社内以外の場でそういう人と出会ってみたい。