こんこん録

きつねが覚えたての日本語で書いてます。睦奥宗光の『蹇々録』をもじりましたが、特に外交論などを書く予定はありません。

暮れ逢い

ルコントの『暮れ逢い』を観た。ルコントの作品は全く触れたことがなかったが、誰かがロメールに似ていると言っていたこと、タイトルに惹かれたこと、たまたまシネスイッチ銀座で上映中だと知ったことなどにより、なんとなく観ることにした。結論としては、話は非常につまらない。陳腐と言ってよかろう。なんで2015年にもなってこんなコテコテのロマンスが書けるのだろう。さらに言うとロメールには似ていない。他の作品では何かロメールと相通ずるものがあるのだろうか。

そんなわけで、ストーリーに何の面白みもないことは何度強調しても足りないが、印象に残ったことがある。「青」の使い方である。調度品は高貴な青で統一され、ヒロインの書く手紙の文字も青、そしてゲランの「ルール・ブルー(l'heure blue)」という名の香水。映画のいたるところに「青」がちりばめられており、それが映像を美しく彩っている。
これは余談だが(と言いつつうろ覚えの情報なので知識が怪しいのだが)、青は現在、ヨーロッパで最も人気のある色だそうだ。古代ローマでは青は野蛮な色とされ、中世まで紋章には赤が多用された。赤と青の地位が逆転したのは17世紀頃とのこと。
青いインテリアは落ち着きや知性や気品などという印象と関連づけられやすいが、その家で叶わぬ恋がはぐくまれるとなれば、青が何かとてももどかしい色のように思えてくる。情熱を燃やそうにも理性がそれを邪魔するために、恋を実らせることはできない。青い部屋というのは、主人公とヒロインのそういった胸の内を象徴しているのではないかという気がする。

まあそれにしても主人公の美青年のダメなことダメなこと。恋人を捨てて人妻にうつつを抜かした挙句、人妻と遠距離になれば関係をうやむやにしてまた別の女性と交際し、人妻と再会したらその女性をほったらかして「ずっと一緒にいよう」などと言ってしまう。カルメンのドン・ホセもびっくりな女癖の悪さである(少なくともホセは一回しか恋人を捨てていない)。この主人公を見ていると、頭と顔が良くて仕事ができるからといって、それが即その人の魅力につながるわけではないのだなと思ってしまう。

この作品に関して言いたいことはそれだけである。最後にひとつ。ピアノがそんなに上手くないらしき人妻がスタインウェイを持っていることに仰天した。これを宝の持ち腐れと言わずしてなんと言おうか。当時の相場は知らないけど、今だったらスタインウェイ買うお金で車買えちゃうよ。あとたぶん奈良県の山奥の家とかも買える。昔の実業家のおうちの財力をまざまざと見せつけられて悔しい思いをした。
以上。